忍者ブログ
一意専心。一意功苦。一生懸命。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明日への糧。異端児です。

今日は長野県の天竜川で2011カヌーワイルドウォータージャパンカップ第5戦が行われました!

今シーズン初めてのワイルドの大会でしかも得意の長距離レース。距離は13㎞。
水量も昨日の雨で増水。すべてが良い方向に向いている。
初めての優勝を狙っていきました。

結果は2位。
ライバル視していた國京さんと渡辺には勝てましたが、山口の高橋にやられました~。高橋はだいぶうまくなってたからやばいかな~って思ってたけど・・・残念というか20秒以上離されて負けたので、高橋の成長に天晴れです!!

悔しい。

これは明日への糧です。

また自分を磨くのです。自分の弱点や良かったとこを探して、それをふまえて練習を考えてリベンジを目指して前に進むのです。

しかし疲れた・・・。
ハートレイト付けて漕いだけど、30分間心拍数が188から下がらんかった。ワイルドの運動強度ってすごいかもね・・・。
ということで明日からはまたスラロームの選手。ゲートくぐるぞ~!

このスラに無意味な持久力を生かす方法ないかな~。





PR
いつでも心は冷静に。異端児です。

心がけているんです。でも冷静ではいられない事が多いです。
だからレースになると乱れたりするんですよね。すべてを受け入れありのままに表現出来たらいいな~って思います。


 
揖斐川カップ第2戦の異端児の漕ぎです。
他の人の動画は出来たら随時アップしていきます!!!

揖斐川カップ第2戦リザルトはこちらから。
↓↓↓↓↓↓↓
ダウンロード(zip)



雨ニモ負ケズ。異端児です。

第2回揖斐川カップが無事に終了しました。
前回を上回る人たちが参加してくれて本当に嬉しかったです。

ヨーロッパから帰ってすぐに大会と言う事で、ほとんど準備が出来ていなかったですが、揖斐川町カヌー協会の人たち、岐阜県カヌー協会の理事長、近藤さん、篠田さんが事前にゲートなどを準備しておいてくれたお陰で良い試合になりました。

また当日は雨の中、ゲート審判をボランティアで協力していただいて本当に助かりました!ありがとうございました!!!

また試合直前にギックリ腰になり、指をくわえて試合観戦をしながら裏方の仕事をやってくれた親友ボビー。色々な準備から本当にありがとう!!

みんなの協力で参加した選手の笑顔を見る事ができました!!
雨だったのは残念でしたが、良い大会になったっと思っています。

RIMG11181.jpg

参加者集合写真


また、10月29日~30日で来年の岐阜国体のリハーサル大会が開催されます!!
詳しくは下のURLでご確認下さい。
http://www.canoe.or.jp/tournament/2011/no67_sla_ww.html

みなさん是非是非参加してください!!
楽しい大会になるように揖斐川町、岐阜県カヌー協会共に頑張って会場設営していきます!!
よろしくお願いします!!

今年の揖斐川での大会はリハーサル大会が最後になるかもしれません。
でも西日本シリーズはこれから、
滋賀県、瀬田川での県大カップと年忘れカヌー大会。
そして徳島、鷲敷でのEXCITING  WINTER  IN  WAJIKI   CANOE  SLAOM  COMPETITION 
と続きます!!

是非みなさんカヌースラロームの大会を楽しんでいきましょう!!!!!!

今日のリザルトの掲載はしばしお待ちください。
RIMG11171.jpg
各カテゴリー優勝者達。

お疲れ様でした。
何年ぶりかの脱皮。異端児です。

日焼けしても皮がむけないと思ってたらまだまだ焼く事可能みたいです。
まだまだ成長過程。

特に書くことないけど、今日C-2してやっぱり俺は前の方がいいって事になりました!!
やっぱ引っ張ってかないかんわ!
明日もKとC両方やらなきゃ!!

暑い日の瀬田川の水は温泉みたいで体がふやけちゃう・・・。明日で瀬田遠征も終わり!

次はヨーロッパだ!!!!

今日は王将、厨房はオーケストラ。異端児です。

王将語を巧みに使い指揮を出し、それに合わせて職人が料理を作る。そして皿洗い、配膳、下ごしらえ、すべてが繋がってうまく厨房が回っていく。
これが出来てる王将はうまい気がする。今日の王将は当たり。


今日はラクティック。
目標心拍数を180に決めて頑張ってみました。
やっぱ年かな~。大学の時は簡単に190近くまで上がったのに今は180もいかない・・・。
乳酸に対して弱くなってるな。
ということで8月いっぱいガッツリ追い込んでいきます。とにかく乳酸に強い体を手に入れます。

今年の国体コースがコースやからね。聞いた話だとコースはそんなに難しくない。流れも素直。魚介類が美味しい。
動ける体でガシガシ漕いで、美味しい食べ物食べに山口行くぞ!!

とはいうもまだまだ課題はあるわけで。。。

この前の揖斐川の記録会の時も青森のジャパンカップの時も思ったけど、試合だ!!って思った時のあの体の固まり方はないわ・・・。

漕ぎながら自分で分かるくらい固くなってしまう。これはかなり絶望的なかんじやったな。
もっと気楽にスタートを切れるようにしたいな。いい意味で。
試合を軽く考えるのではなくてリラックスして臨めるようになりたいわ!!!


先週の揖斐川の記録会の模様。高橋さん、小山さん、みんなのビデオ撮っていただいて、ありがとうございました!!!動きが固いんだよね・・・。


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
金魚。


俺のペット。

この度金魚の成長に伴い水槽を大きくしました(笑) 水をクリックするとエサがあげられます。 1日1回は餌を与えて下さい!! ただし、かわいがりすぎてメタボにしないでね!!!
最新コメント
[10/10 異端児。]
[10/07 拓]
[10/06 横平]
[09/21 wm]
[09/20 wm]
最新記事
調
(11/01)
(06/25)
(05/27)
(05/01)
(11/02)
ブログ内検索
アクセス解析
お天気情報
カウンター
中部30カヌークラブ




10月29日、30日は揖斐川町で「中部カヌースラローム・ワイルドウォーター選手権大会」岐阜清流国体リハーサル大会が開催されます。新しいスラロームコースで思う存分カヌーを楽しみましょう!!!トップパドラーから素人まで楽しめるコースになってます!!
是非、揖斐川町にお越しください!!!!
プロフィール
HN:
加藤 哲平
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1982/05/25
職業:
会社員
趣味:
カヌー、熱帯魚、Trail running
自己紹介:
異端児。

一意専心の気持ちを持って一意功苦し、一生懸命世界のメダルを目指します。

目指すは「一」頂点です。

カヌーを初めて10数年。カヌーと共に歩んできた人生です。
そしてこれからの長い人生、カヌーは切っても切れない相棒です。
カヌーを通じて自分が成長し、それを色々な人に還元してゆく。
その為に研鑽を積む日々です。

色々な場所を訪れ、色々な人に出会い、自分を磨く。
そんな日々を異端児の感性で綴っていきます。





戦績
※Canoe Slalom※
◆KAYAK (K1) MEN◆

◇全日本選手権戦績◇
2012年     4th
2013年     予選敗退
2014年     6th


◇国民体育大会戦績◇
【2012岐阜国体】 15ゲート    4th 25ゲート    3rd
【2013東京国体】 15ゲート    7th 25ゲート    5th

◇ジャパンカップランキング◇
2011       4th 2012      44th 2013 4th

▲2014ジャパンカップ▲
第1戦(富山)  11th 第2戦(熊本)  2nd 第3戦(岡山)  4th 第4戦(青森)  6th
◆CANOE SINGLE (C1) MEN◆

◇全日本選手権戦績◇
2014年     5th
▲2014ジャパンカップ▲
第1戦(富山) 8th 第2戦(熊本) 1st 第3戦(岡山) 3rd 第4戦(青森) 3rd

◇ジャパンカップランキング◇
2013       4th ※Canoe Wildwater※ ▼国内▼ ▲2014ジャパンカップ▲
第1戦(熊本)   2nd 第2戦(岡山)   1st 第3戦(青森)   4th  

◇ジャパンカップランキング◇
2013       7th   応援ありがとうございました。
Run 戦績
◇2012年主な戦績◇
2012年阿木元旦マラソン(3km)9位
12分21秒

第25回IBIGAWAフリーマラソン(10km)7位
41分18秒



◇2011年主な戦績◇
第7回いわて銀河100㎞チャレンジマラソン完走                13時間37分22秒

第12回みたけ山トレイルラン完走 92位                1時間33分38秒
Copyright ©   異端児   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]